住宅ローンの連帯債務などに関して相談する

住宅ローンを利用する方々の中には、はじめての方の見られます。今まで一度も住宅を購入した事は無い方も、中には見られる訳です。 その場合、連帯債務などは人々の不安要素になっている事も多いです。連帯債務とは、配偶者にも生じる返済の義務です。

そもそもマイホームを購入する方の中には、すでに結婚している方も多いです。その場合は、配偶者に対しても負債の義務が生じる事になります。となるとご主人だけでなく、奥様にも不安が生じるケースが多々見られる訳です。

とりわけ適用税率などは、やはり気になるポイントの1つではないでしょうか。その債務によってどれ位の税金がかかるかも、やはり多くの方が気にしているポイントの1つです。 基本的に不安がある時には、やはり住宅ローンの会社に相談するのが一番でしょう。上記のような専門的な話も、金融会社の担当者が助言してくれる事もあるからです。 また金融会社によっては、便利なツールを完備しているかもしれません。不安定を解消したいと思う時には、まずは相談してみるのが一番ですね。

 

住宅ローンの借り換えお得と留意点

住宅ローン。 正直厳しいです。言いたいことだらけの狭くて不便な借家に、安からぬ家賃を払う 馬鹿馬鹿しさに切れて 一念発起して手に入れた憧れのマイホームではありますが。でもこの不況。 でも私のパートも、夫も残業費カット。

子供の教育費ものしかかってきます。 老後のことも考えて貯蓄もしたいのに。そこで、色々検索してみましたところ住宅ローン借り換えという大技に行き当たったわけです♪ でも、色んな問題があります。調べてみました。

★団信や火災保険はどうなるの?
~住宅ローンに付帯されていた団体信用保険の保障はローンの借り換えによって終了する場合がありますので改めて加入しなければならないことがあります。火災保険は、条件を満たしていればそのまま継続できることもあります。

★住宅ローン控除は適用されるの? ~借り換えの後も住宅ローン控除の適用を受けることができます。

●他にも、従前の住宅ローンの繰り上げ返済手数料及び、新たな住宅ローンの 借り入れに必要な諸費用(融資手数料、印紙税、抵当権設定登記費用、 団体信用生命保険特約料等)がかかります。

●変動固定金利や短期固定金利の住宅ローンから長期固定金利のものに 借り換えた場合、 結果的に借り換え前よりも総返済額が増加する場合があります。

●返済期間の残りが少ない住宅ローンを、より長い返済期間の住宅ローンに 借り換えることにより、総返済が増加する場合があります。

成程成程。こういうことも頭に入れて研究してみようと思います。 頑張って手に入れた大好きなマイホームですから返済きつすぎて手離すなんてことは絶対避けたいですもん。

 

住宅ローンの金利を全期間固定にするメリット

住宅ローンを組む際に気になるのが金利ですよね。 住宅ローンの金利には全期間固定金利と一定期間で変わる変動金利という二種類あり 選択によって、利息が大きく変わってきます。 多くの方は金利が低いという理由で変動金利を選択するでしょう。変動金利のメリットとしては 最初の数年間元金が大きい間、低い金利で利息が少ない点です。

それなら、変動金利が 良いじゃないかと思いますが、この期間は3年から5年で終わってしまいその後の金利は未定なのです。 もし、更新時に想像以上に金利が上がっていたとしたら…計画的な返済が出来なくなるかもしれません。 一方、全期間固定金利は最初から最後まで同じ金利ですから、その心配はありません。 ただ、変動金利と比較すると固定金利の方がかなり高いのでトータル支払う利息は大きいのがデメリットです。

もう一つ、併せ技という方法もあります。最初は変動金利で利息を抑えておいて、更新時に変動金利が 低いままなら変動金利で、想像以上に上がっていたら固定金利を選択します。 現在はありませんが、昔の住宅金融公庫貸付などは金利アップにより返済が困難になった方が多いです。 最初は低い金利で、一定の年数経過すると段階を経て金利がアップしていきます。

住宅を購入される方の多くが利用する住宅ローンですが、元金が大きいだけに金利が少しでも変動する事で トータルの返済額も大きく変わってきます。 金利には社会情勢が大きく関わっていますので、そこらへんのリサーチをした上での見極めが重要です。

 

マンションのリフォーム新築より中古??

私は会社に勤務して18年目の会社員です。家族には妻と小学生の娘と息子がいます。5年前に中古で購入した、マンションで家族で暮らしています。私は新築ではなく築21年の中古マンションを購入していたので、とても古くなっていました。私は浴室を新しくしたいと考えていましたし、妻はキッチンを入れ替えたいと考えていました。マンションの間取りは3ldkの物件で、子供の部屋の壁紙の張替えもしたいと考えていました。

私はネットで検索して業者を探していました。ネットの中では、多くの業者が検索出来ました。業者のホームページには、多くの事例などの記載が見られました。私は多くの業者の中から、マンションのリフォームを多く手がけている業者に、お願いすることにしました。

私は新築マンションvs中古マンション&リフォーム比較:お得などのネットで検索出来た業者に連絡して、住まいのマンションに来てもらいました。そして業者には、考えているリフォームの内容を説明しました。業者の方は多くのキッチンのカタログや、浴室のユニットバスのカタログを用意してくれました。私と妻はカタログの中から、自分たちで気に入った商品を選んでお願いしました。子供部屋の改装に使う壁紙は、子供たちに選ばせています。

業者方は決めた商品に基づいて、見積書の提出をしてくれています。私は見積もり金額には納得して、リフォーム工事をお願いしています。工事は二週間かけて行われて、とてもキレイになっています。私はマンションのリフォームをして、とても良かっったと思っています。これからもマンションで家族で暮らして行きます。

 

不動産における返済額軽減型の主な特長

不動産物件を購入するとなると、大抵は住宅ローンを組むことになります。その借入可能額などは、本人の所得次第ですね。まとまった所得が見られる方などは、それなりの金額で借りれる事が多いです。 ところで住宅ローンには、返済額軽減型と呼ばれる方式があります。その方式を利用すると、毎月の負担を減らす事ができるケースもあるのです。

そもそも人々が住宅ローンを利用する時には、繰り上げを利用する事も多いですね。できるだけ元金を減らそうと試みるために、繰り上げシステムを有効活用している方も多数見られます。 そのシステムにも2種類ある訳ですが、前述の返済額軽減型の場合は毎月の返済額を減らせる事が多いです。つまり1ヶ月あたりの負担が小さくなる訳ですね。その分家計のやりくりも楽になる傾向があるのです。

ただ住宅ローンの返済システムも、軽減型だけでなく短縮型というタイプもあります。どちらが良いか迷ってしまうケースも、たまに有るでしょう。その場合は不動産会社の総合案内の窓口などに問い合わせてみるのも良いと思います。

 

独身女性のマンション購入

価値観の多様化で、昔に比べ、結婚をせず一生独身でいる女性も増えてきました。そんな独身女性が住宅ローンを借りてマンションを購入する事例が増えてきています。この超低金利の時代、住宅ローンの金利も下がる一方で賃貸住宅を借りるよりも、マンションを購入して住宅ローンを払っていく方が割安感があるということも、その要因の一つなのかもしれません。一般的に建物というものはその経過年数に応じて、価値は下がっていくものです。

しかし、都心のマンションについては一概にそうは言えません。その立地、施工業者などでプレミア価値が付き、新築マンションと比べて逆に高くなる場合もあるほどです。都心のマンションを購入する場合は、経過年数に応じて値段は下がるものだという観念を捨て、「資産」として将来売却することも踏まえて物件を選定することが大切です。そのマンション購入が正解であるかどうかは、10年先20年先でないとわかりませんが、なるべく正解となるように物件の選定は心掛けてください。

カテゴリー: